いむら意匠 −京友禅 伝統工芸士 井村完爾−

京友禅伝統工芸士である井村完爾が手がけるいむら意匠のホームページへようこそ。
自然素材に風情をえがき、安らぎと幸せをお届けします。
匠の作品をぜひご堪能ください。
ブログ
[2011/09/30 11:26]
秋もそこに 朝夕めっきり涼しくなり

気持ちの良い

季節になりました。


いよいよ、催事も後半戦

京都は観光とクリスマス

そしてお歳暮商戦


私たちの物品は

なかなかこの催事にのりにくく

まあ、干支物か祝い物で

出品する事になり


どう、お客様にアピールするか

考えて見る価値があると

思います。


そこで、実演の効果を

高める為に

DVDを仕掛けてみる事にしたのです。


幸いにも完爾の実演は

行く先々でマスコミに

取り上げられています。


それを実演中にも

流しアピールする事と

します。


どんな効果があるか

楽しみです。


何処かで見られたら

お声かけてみて下さい。
[2011/09/27 20:00]
主様ご帰還 荷物が午前中に届くとの電話

朝8時に店に下りて待つのだが

待てど暮らせど

荷物が来ない

11時になったら

出かけなければならず

イライラしていると

11時ジャストに

ハイヤーで主人が帰る

開口一番

朝6時に出てきたのや。

良かった!

あまり話はできなっかたが

主様お帰り

よくぞご無事で

お気の毒な主様

少しはゆっくりと

したいでしょうに。

でも顔を見て

安心した私でした。
[2011/09/25 09:50]
確かに佐賀玉屋さんえ

お邪魔しているはずなのに

初日こそ

そこそこいい調子で

行っていると連絡があったきり


待てど暮らせど

音信なし

おおい!


主様! いずこえ


売れていなくて連絡できないのは

分かっているけれど


ここは我慢のしどころ

どちらが根を上げるか


あと一日 そろそろ

今日あたり


言い訳の電話が

あるはずです。


お気の毒な 主様 とほほ!


まあ あせらず

頑張って下さいませ。
[2011/09/23 18:03]
今日はお彼岸のお中日 今日はお彼岸のお中日です。

主人が家に居れば

義父母のお墓参りに

行こうと思ったのですが

出張中のため

帰宅してから二人で

お参りしようと思っています。

元気で頑張ってくれています。

といつも報告しますが

もう少し頑張って

もらいます。

と付け加えている

事を墓場の影で

どのように思っているかしら?

というと主人が

喜んでいるさ。

本当にすみません。

後姿に感謝!
[2011/09/21 13:58]
台風に向かって 21日から佐賀玉屋さんに

お邪魔しています。

台風に向かっていったので

心配していましたが、

今日は雨も降っていなくて

良かった。と

主人からの電話

新作の玉虫色に変化する

美しい傘を是非

御覧になって下さい。

会期は26日まで

ご来場をお待ちしています。
[2011/09/20 11:06]
明日からの催し 昨日で名古屋松坂屋の

京都展は成功の内に

終了して

明日からは、佐賀県の

玉屋さんにお邪魔します。

台風が気になるところ

ですが、


一年に一回の催事ですので

どうぞ、皆様多数の

ご来場をお待ちしています。


すばらしい作品が、

御覧にできると思います。
[2011/09/13 09:39]
いよいよ出陣 朝から良いお天気の今日

名古屋に向けて

いよいよ出陣する。


どうぞ、松坂屋の京都展が

盛況でありますように


神仏にお願いして今日出かけます。


女が家を空ける日は

大変な用事があり


朝からバタバタ!

掃除に洗濯、台所、

ベッドを綺麗にメーキング

猫のトイレを綺麗に


などなど、主人は早く早く

とせきたてますが、

いつもの事ながら、

女は忙しいのです。


さあ、何とかかたずきました。

搬入に間に合いました。
[2011/09/11 18:02]
いよいよ名古屋松坂屋 パソコンの調子がいまいち

その間エクセルの

用事があり集計表の作成に

悪戦苦闘しているうち

とうとう、10日になって

大急ぎで、名古屋の

準備に取り掛かりました。


1ヶ月の日があったので

すばらしい作品が出来ました。


きっとお客様に喜んで

頂けると自信を

もって言えます。


どうぞ、お楽しみに

名古屋方面の方は

松坂屋本店にお出でください。

お待ちしています。
[2011/09/05 11:03]
姫のタイトルで 9月14日からの、

名古屋松坂屋の京都展は

タイトルが、姫です。

創業500年記念展という事で

お声がかかり

初出場となりました。


というのも、完爾代表作

が姫として発表して

いますのでそこで

推薦していただいたのかな?

と推察しています。

もちろんタイトルどうり

代表作の姫の傘はもちろんの事

衝立やタペストリー

金屏風など

お姫さんの好きな方は

どうぞお早めに

ご来場をお待ち申し上げます。

本数に限りがあります

その上、何と言っても

魅力の手書きです。

一点、一点図柄が

違いますので

良い物、お好みの物

は、どうしても

早いもの勝という事

でご了解を

お願いします。
[2011/09/02 06:09]
そろそろ干支のもの 毎年秋の初めに

干支の図柄の見本を

作ります。


特に来年は、完爾得意の


辰の年です。

勢い迫る、竜の図柄は

殿方のファンがいらして

意外と早くなくなってしまいます。


キャンバスいっぱいに

描く手法は、外見からは

想像できない迫力の

あるものです。


完爾お勧めの干支の

ご注文の受付は

9月からです。

ご希望の方は、出来るだけ

早くお申し込みを

お待ち申し上げます。